機能の実装

初期登録が完了すると、ユーザーは Thing Interaction Framework が提供する機能を利用できる状態になります。

ここでは、単体の Thing を利用する場合と同様に、以下の機能を利用できます。これらの機能が利用できるのはエンドノードのみです。ゲートウェイはエンドノードとの通信を中継するだけで、特に機能は実行しません。

  • ステートの登録

    エンドノードからのステートを登録し、モバイルアプリから参照できます。

  • アクションとコマンドの実行

    モバイルアプリからエンドノードにコマンドを送信し、エンドノードを制御できます。

  • トリガーによるコマンドの実行

    エンドノードで実行するトリガーをモバイルアプリから登録できます。

    エンドノードでは、トリガーを直接扱わず、トリガーによって起動されたコマンドの処理のみを行います。

各機能の詳細は 機能モデル をご覧ください。また、これらの機能を実装するにはスキーマを定義する必要があります。詳細は スキーマ をご覧ください。

エンドノード側の実装方法の詳細は、次のページ コンバーターの実装 で示します。