イベントデータの送信

イベントデータの送信方法は次のとおりです。

  1. event メソッドを用いて KiiEvent インスタンスを生成します。この際、必要に応じてイベントタイプを指定します。イベントタイプには "installed" や "level up" など任意の文字列を利用できます(省略可)。 メトリクス定義時に "Filter by type" を指定した場合は、このイベントタイプの値を元に分析対象イベントデータのフィルターリングが行われます。

    我々のサンプルシナリオでは"MyUser" を使います。

  2. set メソッドを用いて任意のキーと値のペアをセットします。

    我々のサンプルシナリオでは "gender"、"city"、"location"、"children"、"age" をキーとして用います。

  3. push メソッドでイベントデータをキャッシュします。SDK は、キャッシュされたイベントデータを適切なタイミングで Kii Cloud にアップロードします。

イベントデータを送信するサンプルコードを以下に挙げます。

  • // Create a KiiEvent instance.
    KiiEvent event = KiiAnalytics.event("MyUser");
    
    // Set key-value pairs.
    event.set("gender", "M");
    event.set("city", "San Francisco");
    event.set("location", "US");
    event.set("children", 2);
    event.set("age", 35);
    
    // Upload the event data to Kii Cloud.
    try {
        event.push();
    } catch (IOException e) {
      // Handle the error.
    }
  • // Create a KiiEvent instance.
    KiiEvent event = KiiAnalytics.event("MyUser");
    
    // Set key-value pairs.
    event.set("gender", "M");
    event.set("city", "San Francisco");
    event.set("location", "US");
    event.set("children", 2);
    event.set("age", 35);
    
    // Upload the event data to Kii Cloud.
    event.push(new KiiEventCallback() {
      @Override
      public void onPushCompleted(KiiEvent target, Exception exception) {
        if (exception != null) {
          // Handle the error.
          return;
        }
      }
    });