ユーザー登録とログイン

ユーザーに関連する機能を使用するには、Kii Cloud SDK や REST API を使って、ユーザーを Kii Cloud 上に登録する必要があります。

登録したユーザーを識別するため、大きく分けて以下の 3 通りの方法を用意しています。

  • ログインに必要な認証情報(ユーザー名+パスワードなど)を入力してユーザーを特定する。

  • 仮ユーザー(Pseudo User)を作成し、クライアント側でそのアクセストークンを保持し続けることでユーザーを特定する。

  • Facebook や Twitter などの外部サービスのアカウント情報を使ってユーザーを特定する。

ここでは、認証情報を指定する方法と、仮ユーザーを使用する方法を示します。外部サービスを使った認証方法は 別サービスアカウントを利用した認証 で説明します。

なお、これら 3 通りの方法は以下のように関連しています。

  • ユーザー名やパスワードなどを使って作成されたユーザー、または、仮ユーザーに対して、外部サービスのアカウントを紐付けてログインできます。

  • 仮ユーザーに認証情報を与えることで、作成済みの仮ユーザーを通常のユーザーに移行できます。