イベントデータの送信

イベントデータの送信方法は次のとおりです。

  1. 任意のキーと値のペアを用いてイベントデータを作成します。

    我々のサンプルシナリオでは "gender"、"city"、"location"、"children"、"age" をキーとして用います。

  2. イベントデータとイベントタイプを指定して trackEvent メソッドを実行します。 イベントタイプは "installed" や "level up" 等、任意の文字列を指定可能です(省略可)。 メトリクス定義時に "Filter by type" を指定した場合は、このイベントタイプの値を元に分析対象イベントデータのフィルターリングが行われます。

    我々のサンプルシナリオでは"MyUser" を使います。

イベントデータを送信するサンプルコードを以下に挙げます。

Objective-C:

// Set an event type.
NSString *eventType = @"MyUser";

// Set key-value pairs.
NSMutableDictionary* extras = [NSMutableDictionary dictionary];
[extras setObject:@"M" forKey:@"gender"];
[extras setObject:@"San Francisco" forKey:@"city"];
[extras setObject:@"US" forKey:@"location"];
[extras setObject:[NSNumber numberWithInt:2] forKey:@"children"];
[extras setObject:[NSNumber numberWithInt:35] forKey:@"age"];

// Upload the event data to Kii Cloud.
BOOL success = [KiiAnalytics trackEvent:eventType withExtras:extras];
if (!success) {
  // Handle the error.
  return;
}

Swift:

// Set an event type.
let eventType = "MyUser"

// Set key-value pairs.
var extras = [String:AnyObject]()
extras["gender"] = "M"
extras["city"] = "San Francisco"
extras["children"] = 2
extras["age"] = 35

// Upload the event data to Kii Cloud.
let success = KiiAnalytics.trackEvent(eventType, withExtras: extras)
if (!success) {
  // Handle the error.
  return
}

trackEvent メソッドによってイベントデータを送信します。他の一般的な iOS のメソッドと形式が異なりますが、このメソッドはノンブロッキング API として動作します。また、送信に失敗した場合は次回の trackEvent の実行時に再送されます。