ログイン

ユーザーの作成が完了すると、登録した情報によるログインができるようになります。

パスワードによるログイン

以下にユーザー名とパスワードによるログインの例を示します。メールアドレスや電話番号でログインする場合も、ユーザー名の代わりにこれらの値を指定して authenticateSynchronous メソッドをコールしてください。

Swift 3:

  • let username = "user123456"
    let password = "123ABC"
    
    do{
      // Authenticate a user.
      try KiiUser.authenticateSynchronous(username, withPassword: password)
    }catch let error as NSError {
      // Handle the error.
      return
    }
  • let username = "user123456"
    let password = "123ABC"
    
    // Authenticate a user.
    KiiUser.authenticate(username, withPassword: password) { (user :KiiUser?, error : Error?) -> Void in
      if (error != nil) {
        // Handle the error.
        return
      }
    }

Objective-C:

  • NSString *username = @"user123456";
    NSString *password = @"123ABC";
    
    NSError *error;
    
    // Authenticate a user.
    [KiiUser authenticateSynchronous:username
                        withPassword:password
                            andError:&error];
    if (error != nil) {
      // Handle the error.
      return;
    }
  • NSString *username = @"user123456";
    NSString *password = @"123ABC";
    
    // Authenticate a user.
    [KiiUser authenticate:username
             withPassword:password
                 andBlock:^(KiiUser *user, NSError *error) {
      if (error != nil) {
          // Handle the error.
          return;
      }
    }];

ログイン失敗の原因

ユーザーが未登録の場合や、パスワードが一致しない場合は NSError の code プロパティが 302 を返します。管理者によってユーザーが 無効化 されていた場合も 302 を返します。これらの例外をアプリで制御する方法は 詳細情報の取得 をご覧ください。

セキュリティ上の理由により、SDK ではこれらのどれが原因で失敗したのかを判別できません。ただし、管理者は 開発者ログ を確認することで、エラーの原因を特定することができます。