イベントデータの送信

イベントデータの送信方法は次のとおりです。

  1. 任意のキーと値のペアを用いてイベントデータを作成します。

    我々のサンプルシナリオでは "gender"、"city"、"location"、"children"、"age" をキーとして用います。

  2. イベントデータとイベントタイプを指定して trackEventWithExtrasAndCallbacks メソッドを実行します。イベントタイプは "installed" や "level up" 等、任意の文字列を指定可能です(省略可)。メトリクス定義時に "Filter by type" を指定した場合は、このイベントタイプの値を元に分析対象イベントデータのフィルターリングが行われます。

    我々のサンプルシナリオでは"MyUser" を使います。

イベントデータを送信するサンプルコードを以下に挙げます。

  • // Initialize the Kii Cloud SDK with the analytics option.
    Kii.initializeWithSite("<AppID>", "<AppKey>", KiiSite.JP, deviceID);
    
    ......
    
    // Set an event type.
    var eventType = "MyUser";
    
    // Set key-value pairs.
    var extras = {
      "gender": "M",
      "city": "San Francisco",
      "location": "US",
      "children": 2,
      "age": 35
    };
    
    // Upload the event data to Kii Cloud.
    KiiAnalytics.trackEventWithExtrasAndCallbacks(eventType, extras, {
      success: function() {
        // Do something.
      },
      failure: function(errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • // Initialize the Kii Cloud SDK with the analytics option.
    Kii.initializeWithSite("<AppID>", "<AppKey>", KiiSite.JP, deviceID);
    
    ......
    
    // Set an event type.
    var eventType = "MyUser";
    
    // Set key-value pairs.
    var extras = {
      "gender": "M",
      "city": "San Francisco",
      "location": "US",
      "children": 2,
      "age": 35
    };
    
    // Upload the event data to Kii Cloud.
    KiiAnalytics.trackEventWithExtrasAndCallbacks(eventType, extras).then(
      function() {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        var errorString = error.message;
        // Handle the error.
      }
    );

SDK の初期化処理は、通常、HTML の読み込み完了時のイベントとして実装されているはずです。上記のように SDK の初期化処理 Kii.initializeWithSite() を書き換えてください。

Kii.initializeWithSite()deviceID には、Web アプリを実行するデバイスやブラウザーごとに異なるデバイス ID を指定します。Web アプリの初回起動時に、UUID などの一意の値を生成してデバイス ID として使用します。この値は起動するごとに変わらないよう、Web Storage などに保存し、次回以降に同じ値を指定します。