有効期限を設定せずに公開

有効期限を設定せずに公開する場合は publishBody() メソッドを使います。この場合、URL は無効にならずファイルは永遠に公開され続けます。

  • // Assume that the KiiObject "object" has been instantiated.
    
    // Publish the KiiObject.
    object.publishBody({
      success: function(theObject, publishedUrl) {
        // Do something.
      },
      failure: function(theObject, errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • // Assume that the KiiObject "object" has been instantiated.
    
    // Publish the KiiObject.
    object.publishBody().then(
      function(params) {
        var theObject = params[0];
        var publishedUrl = params[1];
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        var theObject = error.target;
        var errorString = error.message;
        // Handle the error.
      }
    );

基本的な手順は下記のとおりです。

  1. Object Body をアップロードします。
  2. publishBody() メソッドを呼びファイルを公開します。

なお、ファイルを公開するユーザーはこの KiiObject に対する KiiACLObjectActionRead アクションを許可されている必要があります(公開後の URL は、誰でも Web ブラウザから参照できます)。アクセス権限の詳細は KiiObject の ACL 設定 を参照してください。