トピックの有無の確認

モバイルアプリのプログラムから、特定のトピックが存在するかどうかを確認することができます。

以下に、アプリケーションスコープにトピックが存在するかどうかを確認する例を挙げます(グループスコープのトピックとユーザースコープのトピックについても、基本的な操作は同様です)。

  • // Instantiate the target topic.
    var topic = Kii.topicWithName("SendingAlert");
    
    // Check if the topic exists.
    topic.exists({
      success: function(existed) {
        if (existed) {
          // The topic already exists.
        } else {
          // The topic does not exist.
        }
      },
      failure: function(errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • // Instantiate the target topic.
    var topic = Kii.topicWithName("SendingAlert");
    
    // Check if the topic exists.
    topic.exists().then(
      function(existed) {
        if (existed) {
          // The topic already exists.
        } else {
          // The topic does not exist.
        }
      }
    ).catch(
      function(error) {
        // Handle the error.
        var theTopic = error.target;
        var errorString = error.message;
      }
    );

ここでは次の処理を行っています。

  • 存在を確認したいトピックのインスタンスを取得。
  • exists メソッドを実行し、トピックの存在有無を確認。