管理者メッセージの送信

管理者メッセージは、開発者ポータルからの送信と REST API による送信の 2 通りの方法で送信できます。いずれもアプリ開発者(管理者)のみが実行できます。

開発者ポータルからの送信

開発者ポータルの UI を使ってメッセージが送信できます。

送信方法は 管理者メッセージを送信する をご覧ください。

REST API からの送信

REST API を使って管理者メッセージを送信する場合、アプリ管理者のアクセストークンが必要です。アプリ管理者トークンの取得方法は こちら をご参照ください。

以下にメッセージ送信を行う例を挙げます。

curl -v -X POST \
  -H "Authorization: Bearer {APP_ADMIN_TOKEN}" \
  -H "Content-Type: application/vnd.kii.SendPushMessageRequest+json" \
  -H "Accept: application/vnd.kii.SendPushMessageResponse+json" \
  "https://api-jp.kii.com/api/apps/{APP_ID}/users/{USER_ID}/push/messages" \
  -d '{
    "data": {
      "message": "Hi all!",
      "content-url" : "https://nice.content.example.com/100",
      "Urgent": false
    },
    "sendToDevelopment": true,
    "sendToProduction": true,
    "gcm": {
      "enabled": true
    },
    "apns": {
      "enabled": true,
      "alert": {
        "body": "Hello"
      }
    },
    "jpush": {
      "enabled": true
    },
    "mqtt": {
      "enabled": true
    }
  }'

送信の際、sendToDevelopmentsendToProduction で開発環境か配布環境に送信するかどうかを、gcm apns jpush mqtt の直下の enabled で各環境にプッシュ通知を送信するかどうかを指定します。

プッシュ通知サービス固有のフィールド

FCM や APNs などのプッシュ通知サービスに固有の設定を行うことができます。

プッシュ通知サービスに固有の設定は、上記の curl コマンドの gcmapns の配下に指定します。サービスごとに、REST API Overview に記述されているパラメーターを指定できます。

以下は、APNs で サイレント通知 を送信するため、content-available を設定する例です。

-d '{
  ......
  "apns": {
    "enabled": true,
    "contentAvailable": true
  },
  ......
}'

以下は、APNs でリッチ通知を使用するため、mutable-content を設定する例です。この例では、タイトル、サブタイトル、本文、カテゴリーも同時に設定しています。

-d '{
  ......
  "apns": {
    "enabled": true,
    "alert": {
      "title": "New message",
      "subtitle": "Message from Alice",
      "body": "It's been a while..."
    },
    "mutableContent": true,
    "category": "MESSAGE_CATEGORY"
  },
  ......
}'