詳細設定

アプリケーションの詳細設定を行うには、画面右上角の歯車形のアイコンをクリックした後に "Settings" アイコンをクリックします。

アプリケーション詳細設定画面が表示されます。

アプリケーション基本情報の設定

"GENERAL" を選択するとアプリケーションの基本情報の確認と更新ができます。

更新可能な項目は以下のとおりです。あわせて アプリケーションの作成 もご参照ください。

  • アプリケーション名
  • アプリケーションの説明
  • 使用するクライアント SDK
  • アプリケーションストアの URL

「アプリケーション名」、「アプリケーションの説明」、「使用するクライアント SDK」を変更すると、アプリケーション一覧やアプリケーションコンソールに変更内容が反映されます。「アプリケーションストアの URL」は開発者のメモ用の項目です。Kii Cloud はこれらの値を使用しません。

ユーザー管理機能の設定

"USER MANAGEMENT" を選択すると、メールアドレス・電話番号認証の設定、パスワードリセット時に利用するページのリダイレクト URL 設定、他ユーザーに公開するユーザー情報の範囲設定等ができます。

プッシュ通知の設定

"PUSH NOTIFICATIONS" を選択するとプッシュ通知の設定ができます。

外部サービス連携の設定

"SOCIAL NETWORKS" を選択すると外部サービス連携の設定が行えます。

セキュリティ関連設定

"SECURITY" を選択するとパスワードリセットのフローやアクセストークンの有効期限が設定できます。

アプリケーションの無効化

"ADMINISTRATION" を選択するとアプリケーションを無効化できます。

アプリケーションを無効化すると、以後このアプリケーションに対する全てのアクセス(SDK および REST API によるアクセスや、Server Code によるアクセス)が拒否されます。

一旦無効化したアプリケーションを再度有効化する場合は、アプリケーションリスト の検索窓の下にあるラジオボタンで "Disable" を選択して対象アプリケーションを表示し、これをクリックしてください。