Server Code の設置

Server Code を Kii Cloud に設置するには以下のコマンドを実行します。

node bin/kii-servercode.js deploy-file \
  --file ../demo.js \
  --site jp \
  --app-id <your_app_id> \
  --app-key <your_app_key> \
  --client-id <your_client_id> \
  --client-secret <your_client_secret> \
  --environment-version <engine_version> \
  --hook-config <hook_file> \
  --set-current

指定可能なオプションは次のとおりです。

  • --file:設置する Server Code
  • --site:サーバーの設置場所(usjpcn3sg、または eu
  • --app-id:AppID
  • --app-key:AppKey
  • --client-id:ClientID
  • --client-secret:ClientSecret
  • --environment-version: Server Code を実行する際に使用する JavaScript エンジンのバージョンを指定します(JavaScript エンジンの詳細は JavaScript エンジン を参照してください)。<engine_version> には 6 を設定することを推奨します。省略時はデフォルトの JavaScript エンジンが使用されますが、省略は非推奨であることがコンソールに出力されます。

    バージョン 備考
    0 Node.js 0.10.X デフォルトの JavaScript エンジン、2017/10/31 まで指定可能
    6 Node.js 6.X 推奨値、2017/10/31 以降のデフォルトの JavaScript エンジン
  • --token:(省略可)管理者トークン。ClientID と ClientSecret の代わりとして利用可能です。

  • --hook-config:(省略可)Server Hook 設定ファイル(設定ファイルの書き方は Server Hook 設定ファイル を参照してください)。手動実行だけで使用する場合は省略可能です。

  • --http-proxy: (省略可)使用する HTTP プロクシ(例:https://my.proxy:8080 )。ファイアウォールの内側など直接 Kii Cloud API にアクセスできない場合に利用します。

  • --set-current:(省略可)設置する Server Code を実行対象バージョンとして有効化します。省略した場合は設置する Server Code は有効化されず、現在の実行対象バージョンが有効なまま維持されます(バージョン管理の詳細は Server Code のバージョン管理 を参照してください)。

必ず開発者ポータルで取得した値を --site--app-id--app-key--client-id および -- client-secret に設定するようにしてください(取得方法については コマンド実行に必要なパラメーター を参照してください)。また ClientID と ClientSecret を指定する代わりに、アプリ管理者トークンを --token オプションで指定することもできます(アプリ開発者トークンの取得方法は アプリ管理者向け機能 を参照してください)。

Server Code が正しく設置されると、Kii Cloud は以下のようにこのコードに割り当てられたバージョンを返します。

6 Feb 18:08:37 - Deploying file...
6 Feb 18:08:39 - File deployed as version gulsdf6ful8jvf8uq6fe7vjy6
6 Feb 18:08:39 - Deploying hook config...
6 Feb 18:08:39 - Hook Config deployed at version gulsdf6ful8jvf8uq6fe7vjy6
6 Feb 18:08:39 - Setting current version to gulsdf6ful8jvf8uq6fe7vjy6...
6 Feb 18:08:40 - Current version set to gulsdf6ful8jvf8uq6fe7vjy6

--set-current オプションを省略すると、現在設置済みのバージョンを有効化したまま新たな Server Code を設置できます。たとえばイベント企画用の Server Code を有効化せずにあらかじめ設置しておき、イベント開催当日にこのバージョンを有効化するといった利用ができます。Server Code のバージョンの機能概要は Server Code の管理機能 を、操作コマンドの詳細は Server Code のバージョン一覧Server Code のバージョンを有効化 をご覧ください。

過去にサポートされていた --no-set-cuurent オプションは廃止されました。

--set-current オプションがエラーになる場合は、コマンドラインツールを最新版に更新してください。