Kii Cloud SDK for Thing によるチューニング

Kii Cloud では IoT ソリューションの詳細な機能をチューニングできるよう、様々な機能を提供しています。

Thing Interaction Framework は、IoT ソリューションでのベストプラクティスとなるような Thing の使い方を API として提供しているため、目的の機能を素早く構築できます。一方、API は特定の機能モデルに沿った設計になっているため、目的の機能の実現が困難な場合があります。このような場合、Kii Cloud SDK for Thing が提供しているプリミティブな機能要素を組み合わせてシステムを構築することで、より広い用途に柔軟に対応できます。

Kii Cloud SDK for Thing は Thing-IF SDK との共存ができます。機能モデルに一致する範囲で Thing-IF SDK を利用し、チューニングが必要な部分だけを Kii Cloud SDK for Thing で実装する方法が最適です。

ここでの Kii Cloud SDK for Thing は、モバイルアプリ側、Thing 側でそれぞれ利用できる以下の機能を指します。これらの機能の概要については こちら をご覧ください。

モバイルアプリ側の実装

  • クライアント SDK

    モバイルアプリで利用する SDK です。Kii Cloud SDK の Android/iOS/JavaScript 版に実装されている Thing 機能を利用できます。

    ユーザーのアクセストークンを使って Kii Cloud にアクセスできます。

    Thing-IF SDK を利用する場合、SDK の導入時にユーザー管理用にクライアント SDK も組み込むため、そのまま Thing 向けの機能を利用できます。Thing-IF SDK を利用しない場合、モバイル向けの導入手順(AndroidiOSJavaScript)によってクライアント SDK を組み込んでください。

  • REST API

    SDK を使用せずにモバイルアプリを構築する場合、Kii Cloud の Thing 関連の機能を REST API から利用できます。

    モバイルアプリ側の実装を行う場合、ログイン に示す方法などで、ユーザーのアクセストークンを使って API を実行します。

Thing 側の実装

  • Thing SDK Embedded

    Thing の実装に利用できる C 言語の SDK です。比較的軽量な組み込みデバイスを含め、様々な環境で動作するように設計されています。Kii Cloud SDK の機能のうち Thing の実装で重要となるサブセットの機能を使用できます。

    Thing-IF SDK と組み合わせて利用することも、単体で利用することもできます。

    Thing のアクセストークンを使って Kii Cloud にアクセスできます。

  • Kii Clould SDK for JavaScript

    Thing 上に Node.js をインストールして JavaScript SDK を利用することができます。

    リンク先の情報に従って実装すると、Thing のアクセストークンを使って Kii Cloud にアクセスできます。

  • REST API

    SDK を使用せずに Thing 側を実装する場合、Kii Cloud の Thing 関連の機能を REST API から利用できます。

    Thing 側の実装を行う場合、Thing の登録 に示す方法により、Thing のアクセストークンを使って API を実行します。

開発者ポータル

  • 開発者ポータル

    開発者ポータルでは、Thing の情報を確認できるコンソールを用意しています。データブラウザー では、Thing スコープのデータも参照したり編集したりできます。

Kii Cloud SDK for Thing を使うと、Thing-IF SDK で利用しているコマンドやステートなどの内部データへのアクセスもできますが、データの一貫性が失われる可能性があるため、書き換えなどは避けてください。