ダウンロードとビルド

Kii Balance のソースコードは、GitHub からダウンロードできます。また、Android 版はビルド済みの APK ファイルをダウンロードして実行することもできます。

KiiBalance が使用している AppID が ee573743 のアプリケーションは、チュートリアルの動作確認のためだけにお使いいただけます。新しいモバイルアプリを開発する場合は、必ず開発者ポータルから新しいアプリケーションを作成してください。Kii Balance のデータは、予告なく削除されることがあります。

Android でのビルド

開発用 PC から以下の操作を行うと、ソースコードをダウンロードしてビルドできます。ビルドには、Android Studio 2.2 以上が必要です。

  1. アプリケーションの作成

    Kii Cloud 上にアプリケーションを作成します。

    アプリケーションの作成 を開いて手順をすべて実行し、このページに戻ってきてください。

    リンク先では、アプリケーションの作成時に AppID を確認する手順があります。これらの値は後で使用するため、どこかに記録しておいてください。

  2. ソースコードのダウンロード

    GitHub からソースコードをダウンロードします。

    Android プロジェクトを作成したいディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行します。

    $ git clone https://github.com/KiiPlatform/KiiBalance-Android
    
  3. Android Studio の起動

    Android Studio を起動し、ダウンロードした KiiBalance-Android ディレクトリをプロジェクトとして開きます。

    プロジェクトを開いた際、Android Gradle Plugin の更新を推奨するメッセージが表示された場合は、画面に従って更新することをおすすめします。

  4. AppID の埋め込み

    Android Studio で app/src/main/java/com/kii/sample/balance/kiiobject/Constants.java を開いて編集します。

    APP_ID を、手順 1 で作成したアプリケーションのものに差し替えます。APP_KEY には任意の値を指定します。APP_SITE はアプリケーションのサーバー設置場所に合わせて書き換えます。

    public static final String APP_ID = "ee573743";
    public static final String APP_KEY = "5eb7b8bc1b4e4c98e659431c69cef8d4";
    public static final Kii.Site APP_SITE = Kii.Site.US;
    
  5. ビルドと実行

    プロジェクトの基本的な設定はすでに行われているため、そのまま Android Studio からビルドして実行できます。

    Kii Cloud SDK やその他の関連ライブラリーは、Android Studio でのビルドの際、Gradle によって自動的にダウンロードして組み込まれます。

Android の APK のダウンロード

Android で Kii Balance の動きを確認したいだけの場合は、ビルド済みの APK ファイルを直接インストールすることもできます。上記の方法でモバイルアプリをビルドした場合、この操作は不要です。

Android スマートフォンから以下の操作を行ってインストールします。

  1. Android の設定変更

    デフォルトでは、提供元不明のアプリはインストールできないため、Android の設定からインストールを許可する必要があります。Kii Balance のインストール後は元の設定に戻すことをおすすめします。

    以下は設定画面の例です。設定画面は Android のバージョンにより異なります。

  2. APK ファイルのダウンロード

    設定後、ビルド済みの APK ファイルをAndroid スマートフォンからダウンロードします。

    https://docs.kii.com/references/samples/KiiBalance-1.1.apk

  3. APK ファイルのインストール

    ダウンロード完了した APK ファイルを直接開くと、Kii Balance がスマートフォンにインストールされます。

なお、ビルド済みの APK ファイルを使って実行する場合、Kii Cloud 上のアプリケーションは以下の固定値となります。

APP_ID = "ee573743"
APP_KEY = "5eb7b8bc1b4e4c98e659431c69cef8d4"
APP_SITE = US

アプリケーションは、このチュートリアルを利用するすべての開発者で共有されるため、他の開発者によって登録済みのユーザー名は使用できません。また、開発者ポータルからこのアプリケーションは参照できません。

iOS でのビルド

開発用 PC から以下の操作を行うと、ソースコードをダウンロードしてビルドできます。ビルドには、Xcode 8 以上と CocoaPods が必要です。

iOS 用の Kii Balance には Objective-C と Swift 3 の両方のソースコードが含まれています。これらは、言語が異なるだけで、API やロジックは同じになるように実装されています。

  1. アプリケーションの作成

    Kii Cloud 上にアプリケーションを作成します。

    アプリケーションの作成 を開いて手順をすべて実行し、このページに戻ってきてください。

    リンク先では、アプリケーションの作成時に AppID を確認する手順があります。これらの値は後で使用するため、どこかに記録しておいてください。

  2. ソースコードのダウンロード

    GitHub からソースコードをダウンロードします。

    ソースコードをダウンロードしたいディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行します。

    $ git clone https://github.com/KiiPlatform/KiiBalance-IOS
    

    ダウンロードされた KiiBalance-iOS ディレクトリには Swift ディレクトリと ObjectiveC ディレクトリが含まれます。それぞれが Xcode のワークスペースです。

    使用する言語に合わせてディレクトリを切り替えます。

    $ cd Swift
    
    $ cd ObjectiveC
    
  3. ライブラリーのダウンロード

    CocoaPods を使って、Kii Cloud SDK と関連ライブラリーをダウンロードします。

    $ pod install
    
  4. Xcode の起動

    Xcode を起動して、ダウンロードした Swift ディレクトリ、または、ObjectiveC ディレクトリをワークスペースとして開きます。

    "File" メニューの "Open" を開き、Swift ディレクトリ、または、ObjectiveC ディレクトリを選択した状態で "Open" ボタンをクリックします。

  5. AppID の埋め込み

    Xcode で KiiBalance/AppDelegate.swift または KiiBalance/AppDelegate.m を開いて編集します。

    APP_ID を、手順 1 で作成したアプリケーションのものに差し替えます。APP_KEY には任意の値を指定します。APP_SITE はアプリケーションのサーバー設置場所に合わせて書き換えます。

    • let APP_ID = "ee573743"
      let APP_KEY = "5eb7b8bc1b4e4c98e659431c69cef8d4"
      let APP_SITE = KiiSite.US
      
    • NSString* const APP_ID = @"ee573743";
      NSString* const APP_KEY = @"5eb7b8bc1b4e4c98e659431c69cef8d4";
      KiiSite const APP_SITE = kiiSiteUS;
      
  6. ビルドと実行

    プロジェクトの基本的な設定はすでに行われているため、そのままビルドして実行できます。

    実機でテストする場合には、署名の設定などを確認してください。


次は...

Kii Balance を実際に動かしてみます。

Kii Balance の実行 に移動してください。