プッシュ通知

Kii Cloud では、プッシュ通知を利用できる仕組みを提供しています。プッシュ通知を使うと、サーバー上で発生したデータの変更を受け取ったり、デバイス間でメッセージを交換したりする機能を容易に実現できます。

Kii Cloud のプッシュ通知は、以下の技術の上に構築されています。

Kii Cloud では、Android と iOS で標準的に利用されている FCM や APNs をサポートするだけでなく、FCM が使用できない中国向けに JPush を選択することもできます。また、MQTT も選択できるため、幅広いプラットフォームでプッシュ通知を利用できます。

プッシュ通知は、以下のようにサーバー側で発生したイベントを即座にデバイスへ伝える仕組みです。

通常、これらの環境でプッシュ通知を使うためにはアプリケーションサーバーが必要になりますが、Kii Cloud を使うと、デバイス側の実装と Kii Cloud に対する設定だけでプッシュ通知を利用することができます。

サーバー側のイベントとして、Kii Cloud では以下の 3 通りの機能を用意しています。図中の JSON 形式のメッセージ(ペイロード)の内容は、下記の機能ごとに定められた値、または、API などで指定した値によって決まります。

これらを応用することで、端末間でのデータ同期や、チャットアプリなどでのリアルタイムのメッセージ交換など、様々な機能を実現できます。

プッシュ通知の実装には、Kii Cloud の機能の他、プッシュ通知の技術そのものの理解も必要です。
本ドキュメントサイトでは、導入時の敷居を下げるため、実装に最低限必要な技術や、複雑な挙動を示す箇所の実行結果を整理しています。また、プッシュ通知設定チュートリアルやトラブルシューティングを活用できるため、試行錯誤が軽減できます。


この機能の詳細は...

  • プッシュ通知の技術情報、Kii Cloud の機能、トラブルシューティングは、リファレンスガイドの「プッシュ通知」(AndroidiOSJavaScriptUnityREST)を参照してください。
  • プッシュ通知の初期化は、FCM、GCM、APNs、WebSocket 上の MQTT について、チュートリアルで説明しています。プッシュ通知設定チュートリアル を参照してください。