プッシュ通知の導入手順

モバイルアプリにプッシュ通知の機能が必要な場合、このページに記載されている手順でプッシュ通知の処理を組み込みます。プッシュ通知以外の機能を先に組み込む場合は、いったんこのページの手順をスキップしても問題ありません。

Kii Cloud SDK for Android では、プッシュ通知を実現する技術として、Firebase Cloud Messaging(FCM)JPush のいずれかの技術を選択します。選択方法は、プッシュ通知の技術概要 を参考にしてください。

FCM を使ったプッシュ通知は、サーバー設置場所を「中国(Site.CN3)」に設定した場合や、中国国内のエンドユーザーに向けたサービスを構築する場合、利用できません。

プッシュ通知設定チュートリアルの実行

プッシュ通知の導入には、複雑な設定や実装の作業が必要となるため、プッシュ通知設定チュートリアルを用意しています。

チュートリアルでは、以下の作業によりテスト用のモバイルアプリを作成します。作成したモバイルアプリは、実際のモバイルアプリのスケルトンとしても利用できます。

  1. プッシュ通知のプロジェクトの登録:Firebase コンソールや JPush の管理画面からプロジェクトを作成し、発行されたキーを開発者ポータルに登録します。

  2. ビルド環境の設定:ビルド環境に、プッシュ通知で利用するライブラリーや権限を設定します。

  3. プログラムの実装およびテスト:モバイルアプリにプッシュ通知の初期化処理とハンドラーを追加し、プッシュ通知を送信してみます。

FCM または JPush の選択結果に応じて、以下のいずれかを実行してください。開発プロジェクトへの Kii Cloud SDK の組み込みなど、実施済みの作業は省略できます。

チュートリアルの完了後、さらにプッシュ通知の実装を進める場合は、プッシュ通知 を参照してください。また、初期化処理で使用したデバイスのインストール処理は、初期化処理と受信処理の実装 で詳細を説明しています。