グループの参照

モバイルアプリからグループ内のデータを参照するには、以下の方法があります。

このページでは、URI や ID を使ったグループの参照方法を説明します。3 つ目に示した、メンバーやオーナーとなっているグループを参照する方法は、ユーザーとグループの関連 で説明します。

グループの作成時に指定したグループ名では、既存グループを参照できません。参照しようとすると、同名の新しいグループが作成されます。

ここでは、URI からグループを参照する例を示します。ID を使う場合も同様に実装できます。

URI からグループを参照するには、グループの作成直後にそのグループの URI を取得し、URI をどこかに保存しておく必要があります。

  1. URI の取得と保存

    グループを作成した際、ログイン中のユーザーから参照できる場所に URI を保存しておきます。

    この例では、ユーザースコープの groupChatBucket にある KiiObject に、ChatGroupURI というキーで URI の文字列を保存しています。Bucket を使わず、OS 依存のストレージ(Android の SharedPreference や、iOS の NSUserDefaults など)に保存することもできます。

  2. URI の取得

    グループを参照する際には、ChatGroupURI から URI を取得します。

  3. URI によるグループの参照

    URI から KiiGroup インスタンスを生成します。これにより、元の KiiGroup と同じグループをクライアント上に復元できます。

  4. リフレッシュ

    グループのメンバーなどの情報にアクセスするためには、KiiGroup をリフレッシュして、グループのコンテンツを読み込みます。詳細は オブジェクトの ID と URI を参照してください。

    なお、グループスコープのデータにアクセスするなど、グループの URI や ID が特定できていれば十分な場合、リフレッシュは不要です。

URI によるグループの参照

URI によってグループを再インスタンス化する例を以下に挙げます。

  • // ... When the group is created ...
    
    // Get the reference URI of the existing group.
    var groupUri = group.objectURI();
    
    // ... When you need to access the group ...
    
    // Instantiate the group again.
    var group2 = KiiGroup.groupWithURI(groupUri);
    
    // Refresh the group to retrieve the latest data from Kii Cloud.
    group2.refresh({
      success: function(theGroup) {
        // Do something.
      },
      failure: function(theGroup, errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • // ... When the group is created ...
    
    // Get the reference URI of the existing group.
    var groupUri = group.objectURI();
    
    // ... When you need to access the group ...
    
    // Instantiate the group again.
    var group2 = KiiGroup.groupWithURI(groupUri);
    
    // Refresh the group to retrieve the latest data from Kii Cloud.
    group2.refresh().then(
      function(theGroup) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        var theGroup = error.target;
        var errorString = error.message;
        // Handle the error.
      }
    );

URI を使って既存グループをインスタンス化する場合は groupWithURI() メソッドを実行します。この際、グループを最新のものに更新するために refresh() メソッドを実行してください。

IDによるグループの参照

ID によってグループを再インスタンス化する例を以下に挙げます。

  • // ... When the group is created ...
    
    // Get the ID of the existing group.
    var groupID = group.getID();
    
    // ... When you need to access the group ...
    
    // Instantiate the group again.
    var group2 = KiiGroup.groupWithID(groupID);
    
    // Refresh the group to retrieve the latest data from Kii Cloud.
    group2.refresh({
      success: function(theGroup) {
        // Do something.
      },
      failure: function(theGroup, errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • // ... When the group is created ...
    
    // Get the ID of the existing group.
    var groupID = group.getID();
    
    // ... When you need to access the group ...
    
    // Instantiate the group again.
    var group2 = KiiGroup.groupWithID(groupID);
    
    // Refresh the group to retrieve the latest data from Kii Cloud.
    group2.refresh().then(
      function(theGroup) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        var theGroup = error.target;
        var errorString = error.message;
        // Handle the error.
      }
    );

ID を使って既存グループをインスタンス化する場合は groupWithID() メソッドを実行します。この際、グループを最新のものに更新するために refresh() メソッドを実行してください。