トピックの作成

ここでは、スコープごとにトピックの作成方法を説明していきます。

アプリケーションスコープのトピックの作成

アプリケーションスコープのトピックは、アプリ開発者のみ作成できます。作成したトピックは、全てのアプリユーザーから購読できますが、このトピックにメッセージを送信できるのは、デフォルト状態ではトピック作成者(つまりアプリ開発者)だけです。

アプリケーションスコープのトピックを作成する例を以下に挙げます。

  • // Authenticate as the app administrator.
    // Check the ClientID and ClientSecret in the Kii Cloud developer portal.
    Kii.authenticateAsAppAdmin("ClientID", "ClientSecret", {
      success: function(adminContext) {
        // Create a topic in the application scope.
        var topicName = "SendingAlert";
        var topic = adminContext.topicWithName(topicName);
    
        // Save the topic to Kii Cloud.
        topic.save({
          success: function(theTopic) {
            // Do something.
          },
          failure: function(errorString) {
            // Handle the error.
          }
        });
      },
      failure: function(errorString, errorCode) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • // Authenticate as the app administrator.
    // Check the ClientID and ClientSecret in the Kii Cloud developer portal.
    Kii.authenticateAsAppAdmin("ClientID", "ClientSecret").then(
      function(adminContext) {
        // Create a topic in the application scope.
        var topicName = "SendingAlert";
        var topic = adminContext.topicWithName(topicName);
    
        // Save the topic to Kii Cloud.
        return topic.save();
      }
    ).then(
      function(theTopic) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        // Handle the error.
    
        // Get the topic for the failed topicWithName() method.
        var theTopic = error.target;
        // Get the error message.
        var errorString = error.message;
      }
    );

トピック名は英数字、"-"、"_" から構成される 64 文字までの文字列として指定します。

グループスコープのトピックの作成

グループスコープのトピックは、グループメンバーであれば誰でも作成可能です。また、デフォルト状態ではグループメンバーであれば誰でも購読可能であり、全てのグループメンバーがトピックに対してメッセージを送信できます。

グループスコープのトピックは通常アプリケーションによって動的に作成します。以下に、グループスコープのトピックを作成する例を挙げます。

  • // Create a group.
    var groupName = "myNewGroup";
    var group = Kii.groupWithName(groupName);
    group.save({
      success: function(theGroup) {
        // Create a topic in the group scope.
        var topicName = "GroupTopic";
        var topic = theGroup.topicWithName(topicName);
    
        // Save the topic to Kii Cloud.
        topic.save({
          success: function(theTopic) {
            // Do something.
          },
          failure: function(errorString) {
            // Handle the error.
          }
        });
      },
      failure: function(theGroup, errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • // Create a group.
    var groupName = "myNewGroup";
    var group = Kii.groupWithName(groupName);
    group.save().then(
      function(theGroup) {
        // Create a topic in the group scope.
        var topicName = "GroupTopic";
        var topic = theGroup.topicWithName(topicName);
    
        // Save the topic to Kii Cloud.
        return topic.save();
      }
    ).then(
      function(theTopic) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        // Handle the error.
    
        // Get the group for the failed save() method.
        var theGroup = error.target;
        // Get the topic for the failed topicWithName() method.
        var theTopic = error.target;
        // Get the error message.
        var errorString = error.message;
      }
    );

ここでは、以下の処理を実行しています。

  • topicWithName メソッドを実行してグループスコープのトピックを作成します。
  • save メソッドを実行してトピックを Kii Cloud に保存します。

トピック名は英数字、"-"、"_" から構成される 64 文字までの文字列として指定します。

ユーザースコープのトピックの作成

ユーザースコープのトピックは、ログイン済みのユーザーであれば誰でも作成可能です。このトピックはデフォルト状態ではユーザーに閉じており、トピックの購読およびトピックへのメッセージ送信を行えるのはこのユーザーのみになります。

ユーザースコープのトピックは通常アプリケーションによって動的に作成します。以下に、ユーザースコープのトピックを作成する例を挙げます。

  • // Create a topic in the user scope.
    var topicName = "MyTODO";
    var user = KiiUser.getCurrentUser();
    var topic = user.topicWithName(topicName);
    
    // Save the topic to Kii Cloud.
    topic.save({
      success: function(theTopic) {
        // Do something.
      },
      failure: function(errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • // Create a topic in the user scope.
    var topicName = "MyTODO";
    var user = KiiUser.getCurrentUser();
    var topic = user.topicWithName(topicName);
    
    // Save the topic to Kii Cloud.
    topic.save().then(
      function(theTopic) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        // Handle the error.
    
        // Get the topic for the failed topicWithName() method.
        var theTopic = error.target;
        // Get the error message.
        var errorString = error.message;
      }
    );

ここでは、以下の処理を実行しています。

  • topicWithName メソッドを実行してユーザースコープのトピックを作成します。
  • save メソッドを実行してトピックを Kii Cloud に保存します。

トピック名は英数字、"-"、"_" から構成される 64 文字までの文字列として指定します。