ログイン

ユーザーの作成が完了すると、登録した情報によるログインができるようになります。

パスワードによるログイン

以下の例はパスワードを使ったログインです。ユーザー名とパスワードを指定して authenticate メソッドを呼びます。認証済みメールアドレスや電話番号でログインを行う場合は、ユーザー名の代わりにこれらの値を指定してください。

  • var username = "user123456789";
    var password = "123ABC";
    
    // Authenticate a user.
    KiiUser.authenticate(username, password, {
      success: function(theUser) {
        // Do something.
      },
      failure: function(theUser, errorString) {
        // Handle the error.
      }
    })
  • var username = "user123456789";
    var password = "123ABC";
    
    // Authenticate a user.
    KiiUser.authenticate(username, password).then(
      function(theUser) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        // Handle the error.
        var theUser = error.target;
        var errorString = error.message;
      }
    );

ログイン失敗の原因

ユーザーが未登録の場合や、パスワードが一致しない場合、failure コールバックの errorString に "invalidgrant" が返ります。管理者によってユーザーが 無効化 されていた場合も errorString に "invalidgrant" が返ります。これらの例外をアプリで制御する方法は 詳細情報の取得 をご覧ください。

セキュリティ上の理由により、SDK ではこれらのどれが原因で失敗したのかを判別できません。ただし、管理者は 開発者ログ を確認することで、エラーの原因を特定することができます。