他ユーザーの属性の読み込み

ユーザーのユーザー名、メールアドレス、もしくは電話番号を指定することで、該当ユーザーの属性にアクセスできます。

読み取り可能なユーザー属性

他ユーザーの属性は読み取り操作のみ可能です。読み取り可能なユーザー属性は、アプリケーションの設定("ユーザー情報の全データを開示" オプション)によって決まります。詳細は ユーザー属性 をご覧ください。

アプリケーション設定の変更方法は ユーザー属性の開示範囲の設定 をご覧ください。

他ユーザー属性の取得

ユーザー名を指定してユーザー属性を取得

ユーザー名指定によるユーザー属性取得の例を以下に挙げます。取得処理を実行するユーザーは、ログインしている必要があります。

  • var username = "user_123456";
    
    // Find a user by name.
    KiiUser.findUserByUsername(username, {
      success: function(foundUser) {
        // Do something.
      },
      failure: function(errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • var username = "user_123456";
    
    // Find a user by name.
    KiiUser.findUserByUsername(username).then(
      function(foundUser) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        // Handle the error.
        var errorString = error.message;
      }
    );

メールアドレスを指定してユーザー属性を取得

メールアドレス指定によるユーザー属性取得の例を以下に挙げます。指定するメールアドレスは認証済みである必要があります。また、取得処理を実行するユーザーは、ログインしている必要があります。

  • var emailAddress = "user_123456@example.com";
    
    // Find a user by email address.
    KiiUser.findUserByEmail(emailAddress, {
      success: function(foundUser) {
        // Do something.
      },
      failure: function(errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • var emailAddress = "user_123456@example.com";
    
    // Find a user by email address.
    KiiUser.findUserByEmail(emailAddress).then(
      function(foundUser) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        // Handle the error.
        var errorString = error.message;
      }
    );

電話番号を指定してユーザー属性を取得:

電話番号指定によるユーザー属性取得の例を以下に挙げます。指定する電話番号は認証済みである必要があります。また、取得処理を実行するユーザーは、ログインしている必要があります。

なお、電話番号は、+と国コードから始まる国際電話番号で指定してください。

  • var phoneNumber = "+819012345678";
    
    // Find a user by phone number.
    KiiUser.findUserByPhone(phoneNumber, {
      success: function(foundUser) {
        // Do something.
      },
      failure: function(errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • var phoneNumber = "+819012345678";
    
    // Find a user by phone number.
    KiiUser.findUserByPhone(phoneNumber).then(
      function(foundUser) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        // Handle the error.
        var errorString = error.message;
      }
    );

URI 指定でユーザー属性を取得

URI 指定でユーザー属性を取得する例を以下に挙げます。取得処理を実行するユーザーは、ログインしている必要があります。

  • // Instantiate a user.
    var user = KiiUser.userWithURI("Set the URI of an existing user here");
    
    // Refresh the user.
    user.refresh({
      success: function(theUser) {
        // Do something.
      },
      failure: function(theUser, errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • // Instantiate a user.
    var user = KiiUser.userWithURI("Set the URI of an existing user here");
    
    // Refresh the user.
    user.refresh().then(
      function(theUser) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        // Handle the error.
        var theUser = error.target;
        var errorString = error.message;
      }
    );

ユーザー ID 指定でユーザー属性を取得

ユーザー ID 指定でユーザー属性を取得する例を以下に挙げます。取得処理を実行するユーザーは、ログインしている必要があります。

  • // Instantiate a user.
    var user = KiiUser.userWithID("put existing user ID here");
    
    // Refresh the user.
    user.refresh({
      success: function(theUser) {
        // Do something.
      },
      failure: function(theUser, errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • // Instantiate a user.
    var user = KiiUser.userWithID("put existing user ID here");
    
    // Refresh the user.
    user.refresh().then(
      function(theUser) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        // Handle the error.
        var theUser = error.target;
        var errorString = error.message;
      }
    );