Thing-IF SDK ガイド

ここではトレイト機能を使った Thing-IF SDK の利用についてまとめています。以前提供されていたトレイト機能未対応版の情報は Thing-IF SDK (トレイト機能なし版)ガイド をご覧ください。

Kii は、IoT (Internet of Things) 環境でのサービスを実現するための SDK として Thing-IF SDK (Thing Interaction Framework SDK) を提供しています。Thing-IF SDK を使うと、Thing で発生したセンサーデータを活用したり、スマートフォンやタブレットから Thing を操作したりするサービスを、容易かつ迅速に構築できます。

Thing-IF SDK の機能概要や実現できる機能のモデルは こちら をご覧ください。

Thing-IF SDK では、モバイルアプリ側と Thing 側でそれぞれ SDK を提供しており、これらを使用することでサービスを実装できます。

本ガイドの構成

本ガイドは、以下の構成となっています。


注意:
このガイドでは、以下のシンプルな IoT デバイス監視シナリオをカバーするに足りる情報を公開しています。

  • Thing よりステートをアップロード
  • アップロードされたステートをシステム管理者として開発者ポータル上で確認

Thing-IF の利用 で解説されているように、Thing-IF はこれ以外に、コマンドの送信やトリガーの設定などといったモバイル側(Android, iOS, JavaScript)の機能実装もサポートしています。これらに関するガイドは順次公開される予定です。公式ガイドが公開されるまでは、以下の情報を参照してください。