Thing-IF SDK ガイド

Kii は、IoT (Internet of Things) 環境でのサービスを実現するための SDK として Thing-IF SDK (Thing Interaction Framework SDK) を提供しています。Thing-IF SDK を使うと、Thing で発生したセンサーデータを活用したり、スマートフォンやタブレットから Thing を操作したりするサービスを、容易かつ迅速に構築できます。

Thing-IF SDK の機能概要や実現できる機能のモデルは こちら をご覧ください。

Thing-IF SDK では、モバイルアプリ側と Thing 側でそれぞれ SDK を提供しており、これらを使用することでサービスを実装できます。

モバイルアプリ側の実装

Android または iOS のネイティブアプリ、または、Web アプリを実装することによって、モバイルアプリから Thing をコントロールすることができます。

モバイルアプリの実装方法は Android アプリ開発ガイドiOS アプリ開発ガイドJavaScript アプリ開発ガイド をご覧ください。

モバイルアプリのほとんどの機能は、Thing-IF SDK で実装できますが、ユーザー登録とログインなどの一部機能は Kii Cloud SDK を併用して実装する必要があります。本ガイドでは、最小限の範囲で実装方法を示していますが、さらにきめ細かな機能を実現したい場合は、Kii Cloud SDK のリファレンスガイド(AndroidiOSJavaScript)に記載されている機能も利用できます。

Thing 側の実装

Thing 上で動作するプログラムを実装することによって、受け取ったコマンドに基づいて Thing を制御したり、センサー値を Kii Cloud にアップロードしたりできます。

Thing の実装方法は Thing 開発ガイド をご覧ください。

ゲートウェイの実装

ゲートウェイを使用する場合、Thing 側で必要な作業として、ゲートウェイエージェントの導入とコンバーターの実装が必要です。

実装方法についての情報は ゲートウェイ開発ガイド をご覧ください。

モバイルアプリの実装は、上記「モバイルアプリ側の実装」をご覧ください。

Kii Cloud SDK for Thing によるチューニング

Thing Interaction Framework の機能に加え、IoT ソリューションから Kii Cloud SDK の機能を使って、より細かな制御を行うことができます。詳細は Kii Cloud SDK for Thing によるチューニング をご覧ください。