Kii Cloud とは

Kii Cloud は Kii 株式会社が提供する MBaaS(Mobile Backend as a Service、「エムバース」)/IoT(Internet of Things)クラウドプラットフォームです。

MBaaS とは、モバイルアプリや IoT ソリューションに必要なサーバー側の機能を、クラウドを使って汎用的な API として提供するサービスです。これにより、サーバー機能の実装や運用を行うことなくサービスを実現でき、モバイルアプリや Thing をインターネット化できます。

Kii Cloud では IoT ソリューションを構成するデバイスなどのモノを Thing と呼びます。

Kii Cloud を使った開発

従来の手法でサーバー機能を伴うサービスを実現するには、サーバー側のプログラムを実装し、そのサーバーを開発者自身で運用する必要がありました。

Kii Cloud では、サーバー側の機能がクラウド上で汎用 API として公開されています。Kii Cloud を使うと、クライアント側の機能を作り込むだけでインターネットに対応したサービスを実現できます。これによって、開発作業ではサービスの機能そのものに注力でき、サービスの魅力を高めることができます。

サービスの構成

通常、Kii Cloud を使ったサービスは以下の図のような構成になります。

モバイルアプリや Thing では、基本的にKii が提供する SDK(Software Development Kit)をライブラリーの形で組み込んで実装します。SDK を使うと、Kii Cloud が提供する API を簡単に呼び出すことができます。

  • モバイルアプリ向けの SDK は、Android、iOS、JavaScript、Unity に対応しています。
  • IoT 向けの SDK は、Android、iOS、JavaScript、C(リアルタイム OS など) に対応しています。

なお、Kii Cloud のサーバーが提供している API の仕様は公開されているため、SDK を使用せずに HTTPS で直接呼び出すこともできます。また、サードパーティー製の SDK も存在します。

Kii Cloud で開発を開始する際は、開発者ポータル から、専用のアプリケーション領域をクラウド上に作成します。クライアントからは Kii Cloud 上の同一のアプリケーションにアクセスすることにより、モバイルアプリ同士でのデータ共有や IoT ソリューションでの Thing の遠隔操作など、様々な機能を実現できます。