ユーザーとグループ

Kii Cloud では ユーザーグループ を管理する機能を提供しています。

ユーザーは基本的にモバイルアプリのエンドユーザー 1 人に対応する概念です。ユーザーを Kii Cloud に登録して認証することで、データが誰の権限でアクセスされているかを識別でき、適切なセキュリティを確保できます。

グループは複数のユーザーの集まりを表す概念です。複数のユーザーで共有されるデータが扱いやすくなります。

以下は、SNS のようなサービスのグループを Kii Cloud で実現する例です。ユーザーとグループは n 対 n の関連を持ちます。

なお、ユーザー管理の際には、次のように多様な識別方法を用意しています。

  • ユーザー名、電話番号、メールアドレスによるログイン
  • Facebook や Twitter などの外部サービスのアカウント情報を使ったログイン
  • 端末に紐付けてユーザー情報を保持することでユーザー名の指定を不要にするログイン(仮ユーザー)

この機能の詳細は...

ユーザーの詳細は、ユーザー管理 で、グループの詳細は グループ管理 でそれぞれ解説しています。