KiiObject の削除

delete()メソッドで指定した KiiObject を削除できます。

  • // Instantiate a KiiObject with its URI.
    var object = KiiObject.objectWithURI("Set the URI of an existing KiiObject here");
    
    // Delete the KiiObject.
    object.delete({
      success: function(theObject) {
        // Do something.
      },
      failure: function(theObject, errorString) {
        // Handle the error.
      }
    });
  • // Instantiate a KiiObject with its URI.
    var object = KiiObject.objectWithURI("Set the URI of an existing KiiObject here");
    
    // Delete the KiiObject.
    object.delete().then(
      function(theObject) {
        // Do something.
      }
    ).catch(
      function(error) {
        var theObject = error.target;
        var errorString = error.message;
        // Handle the error.
      }
    );

delete()メソッドを呼ぶとすぐに削除され、save()メソッドを呼ぶ必要はありません。

削除対象 KiiObject が Object Body を持っていた場合は、Object Body とその公開済み URL も同時に削除されます。詳細は Object Body の削除 をご覧ください。

複数件の KiiObject をまとめて削除する API はありませんが、Bucket ごとまとめて削除することは可能です。詳細は Bucket の削除 をご覧ください。