Thing コンソール

Thing コンソールは、開発者ポータルで Thing を管理するツールです。

登録済 Thing の確認や新規 Thing の登録に加え、Thing のステート/コマンド/トリガーの管理ができます。

Thing コンソールの起動

次のステップで Thing コンソールを開きます。

  1. 開発者ポータルでアプリを選択。
  2. "Things" アイコンをクリック。
  3. "Thing-IF" をクリック。

"Console" をクリックすると、古いバージョンのコンソール が起動します(非推奨)。

次のように、登録済の Thing 一覧が初期画面として表示されます。

ここでは以下の操作ができます。

"Trait" ボタンは、Thing の機能をより便利に管理するための有償機能「トレート」利用時に使用します。
「トレート」機能の詳細は support@kii.com までお問い合わせください。

Thing の絞り込み

検索窓に条件式を指定すると、一覧に表示する Thing を絞り込めます。

検索窓の右側の "help?" をクリックすると、指定可能な条件式の例が表示されます。

上記の例のように、条件式は、フィールドと、このフィールドに対する条件を組み合わせて構成します。

複数の条件式を AND/OR で組み合わせる事もできます。

指定可能なフィールド

以下のフィールドが指定可能です。各フィールドの詳細は Thing の登録 を参照してください。

  • thingID
  • vendorThingID
  • thingType
  • _vendor
  • _firmwareVersion
  • _productName
  • _lot
  • _created
  • _stringField1 から _stringField5
  • _numberField1 から _numberField5

また、Thing の状態を表す以下のフィールドも指定可能です。

  • enabled: Thing の状態 を表すフィールドです。有効化状態であれば true、無効化状態であれば false になります。
  • layoutPosition: Thing の種別を表すフィールドです。ゲートウェイ機能 を利用していない場合は "STANDALONE" になります。ゲートウェイ機能を利用している場合は、種別に応じて "GATEWAY" または "ENDNODE" のいずれかになります。ゲートウェイとエンドノードの詳細は ゲートウェイとは をご覧ください。

指定可能な条件

以下の条件が指定可能です。

条件 説明
= フィールド値が指定値と一致 _vendor = "Kii"
!= フィールド値が指定値と一致しない vendorThingID != "prototype_1"
IN フィールド値が指定値のうちの 1 つと一致 _firmwareVersion IN ("v1" "v2" "v3")
^= または PREFIX フィールド値が指定値で始まる _lot ^= "AAA" または _lot PREFIX "AAA"
< フィールド値が指定値より小さい _created < "2016-01-01T00:00:00+00:00"
<= フィールド値が指定値以下 _productName <= "X"
> フィールド値が指定値より大きい _numberField1 > 3
>= フィールド値が指定値以上 _lot >= "AAA00"

フィールド値

フィールド値は次のように指定します。

フィールド値の型 説明
文字列 "abc""123"
整数 123 _numberField1 - 5 にのみ利用可能
日時 2017-01-012017-01-01T00:00:00+0900 _created にのみ利用可能。ISO 8601 形式
真偽値 truefalse enabled にのみ利用可能
ヌル値 null

条件式の結合や否定

条件式に対して、以下の論理演算が指定できます。

条件 説明
AND または & 条件式を論理積(AND)で結合 enabled = true AND layoutPosition IN ("ENDNODE" "GATEWAY")
OR または | 条件式を論理和(OR)で結合 enabled = false OR _firmwareVersion= "0.1"
NOT または ! 条件式を否定(NOT) NOT (enabled = false OR _firmwareVersion= "0.1")