Server Code を管理する

Kii Cloud は、Server Code 管理用のコマンドラインツールを提供しています。このツールを使うと、以下を行うことができます。

コマンドラインのインストール方法は こちら をご参照ください。

Server Code の管理手順

ここでは、Server Code の書式 に従って作成した Server Code を Kii Cloud にアップロードして、実行できるようにする手順を示します。

Server Code を管理するためには、Server Code のバージョン管理の概念が重要です。まずは こちら をご覧ください。

  1. 必要なファイルを用意する

    Server Code と Server Hook 設定ファイルの 2 つを用意します。

    • Server Code は、すべてのエンドポイントと実行に必要な関数を 1 つのファイルにまとめます。
    • Server Hook 設定ファイルは、こちら の形式に従って、サーバートリガー起動とスケジュール起動のすべての設定を 1 つのファイルにまとめます。手動実行だけしか使用しない場合、作成は不要です。
  2. Server Code を設置する

    コマンドラインツールを使って用意した Server Code と Server Hook を設置します。設置方法は Server Code の設置 をご覧ください。

    サーバートリガー起動やスケジュール起動の機能は、有効化の抑制オプションを付けない限り、設置しただけで有効になるため、そのまま設定されたイベントの発生を待ちます。手動実行の場合は、Server Code を実行する の方法に従って実行します。

  3. Server Code を管理する

    必要に応じて、Server Code の有効化や削除などの管理作業を行います。使用できる機能はこのページの先頭にある機能一覧を参照してください。

    特に、作成した Server Code に不具合が見つかり、直前のバージョンに戻したい場合は、Kii Cloud に登録されている過去のバージョンの リストアップ や、その 有効化 の機能を利用できます。